変化球の投げ方 ソフトボール ピッチング完全制覇セット 増淵まり子 上達 練習 コツ

ソフトボールの変化球の投げ方

ここではバッターのポイントやタイミングを外す、ソフトボールのピッチングには欠かせない変化球の投げ方についてお伝えしています。
実戦で効果的に使う為の参考になれば幸いです。

ソフトボールの変化球の投げ方記事一覧

ライズボールの投げ方をご存じですか?まずは、増淵まり子監修のソフトボール ピッチングメソッド 完全制覇セットの変化球編の内容の一部をご覧下さい。↓↓バッターの手元で球が浮き上がるように変化するライズボールにも、いくつかの投げ方がありますが、一般的には人差し指を曲げるライズボールの握り方で投げる選手が多いですね。とは言え、この握り方は指に負担が掛かるので全部の指を伸ばしてボールを握っても構いません。...

ソフトボールのチェンジアップの投げ方をご存じですか?基本は速球と同じフォームで投げ、スピードの遅いボールを投げてバッターのタイミング外します。その為、ストレートなどのボールとスピード差があるほど、効果がより生きてくるでしょう。そして、チエンジアップの握り方はストレートと同じように5本の指で握ります。違いは、ストレートはスピードのあるボールを投げる為に、スナップを利かせられるように手のひらとボールの...

ドロップが上手く投げることが出来ますか?ソフトボールの変化球には、左右に変化したりスピード差のボール以外にも、高低でバッターを打ち取る変化球もあります。そして、ドロップはボールに下向きの回転をかけて速球と同じスピードで投げ、バッターの手元で沈むように変化することから、バッターから空振りを奪ったり、内野ゴロに打ち取ったりするのに効果的です。ドロップの握り方としてはストレートよりも浅めに握り、中指と人...

ライズボールのバックスピンをかける練習方法をご存じですか?ライズボールはご存じのようにソフトボール特有の下から上へと大きく浮き上がってくる軌道を描く変化球ですね。この変化球はボールにバックスピン(上回転)をかけることで、打者にとっては、打ちごろのストレートに見えていた球が、手もとで目のくらいの高さまで浮き上がってくることから空振りしやすくなるのです。そんなライズボールの肝になるバックスピンをかける...

ドロップボールの手首の使い方をご存じですか?ソフトボールのピッチャーならドロップの投げ方を覚えたいと思っている選手も多いことでしょう。そして、キレのあるドロップを投げる上で大切になってくるのが、ボールにトップスピン(下回転)をかける手首の使い方(スナップのかけ方)を覚えることです。そんなドロップの手首の使い方を覚える練習を紹介しましょう。まず、グラブをはめて立ち、ドロップの握り方でボールを持ちます...

ソフトボールのチェンジアップの手首の使い方が上手く出来ていますか?基本的には体の中心に軸をとって、それを保ちながら投げるストレートと同じですが、手首の使い方が違います。チェンジアップはストレートの時と違い、手首を返さず固定して投げるのがコツになるので、まずこの手首の使い方をしっかり練習することです。そんなチェンジアップの手首の使い方を覚える練習としては、ネットに投げ込む練習すると良いでしょう。やり...

ライズボールとストレートの投げ方の違いとなるポンインをご存じですか?そもそもストレートを投げる時には体の軸が真ん中にありますが、ライズボールを投げる時には軸が後ろに傾くんですね。これが、ライズボールとストレートの投げ方の違いのひとつです。ですが、体の軸が後ろにあっても、体重を前に乗せて投げないと威力のあるボールが投げれなくなってしまいますよね。その為、しっかりと前に体重を乗せてリリースすることがラ...

ソフトボールのピッチングでは、打者のタイミングを外す為に投球するチェンジアップはとても有効ですね。とは言え、チェンジアップを打たれないようにする為には、投げる際に気をつけたいポイントがあります。まず挙げられるのが、高めに投げてはいけないということです。何故なら、打者のタイミングを一度外したとしても、まだバットのヘッドと腰がキャッチャー方向に残っていることがあるので、その体勢から打たれる可能性が高い...

ソフトボールのピッチャーなら、バッターから三振を奪いたいものですよね。基本のストレートに加えて、落ちるドロップと浮き上がるライズボールをミックスして投げれば、ボールの高低でバッターから三振がとれるようになれます。ドロップは、バッターの手元で沈むように変化するので、空振りや内野ゴロに仕留めるのに効果的です。投げる時には、ステップ幅を小さくして高い位置からリリースすることでより打ちづらいボールになりま...